指導員略歴豊田龍彦

  豊田龍彦 45歳 昭和47年9月16日,日立市生まれ。現在笠間市在住。 

 中学生の時に楊式太極拳を習う。

 高校3年間は空手道部に在籍。和道流空手の初段を取得。

 大学では極真カラテ,八勝流拳法(硬式空手),WTFテコンドーを修行する。

 就職後は,天心会館カラテ(芦原流),岩間スタイル合気道,実心館合気道(心身統一合気道),八光流柔術を学ぶ(八光流柔術四段・皇方指圧指導講師)。

 その後,合気道S.A.櫻井文夫代表師範の人柄と技術,武道に対する考え方にひかれ,合気道S.A.の門を叩く。現在,合気道弐段・合気道S.A.広域指導者・公式試合審判員・武器術・武器取り広域指導者。

 少林寺高萩道院長作山吉永先生に師事し,少林寺拳法の修行経験もあり。

 2018年8月〜 K-CRONYでキック・ボクシングを習い始めました。

各武道に対する私的見解

前のページに戻る

 <今後の目標・予定(S.A.茨城立ち上げ当時のもので今とは異なる部分もありますがあえて残しています)

 々腟てS.A.教授参段の取得

◆々腟てS.A.武器術・武器取り初段の取得

 ウェイトアップ(脂肪をつけずに目標70kg)

ぁー太錺螢▲觜腟て餐手権大会での上位入賞

ァ.廛蹈譽好螢鵐娃咤咤咾箸竜蚕儻鯲( http://www.tomotake.net/SSS/ )

Α.ぅ丱薀ストとしての活動(詳しくはこちらへ http://www.ibaraking.com/ )

А中学校レベルの英語を完全マスター(日本人として、最低限の英語ぐらいできないと恥ずかしい)

中学校合気道部の設立(当初は目標にしていました。今は,学校教育から切り離した形でのとりくみをめざしています)